閉経とは、加齢によって女性ホルモンの分泌機能や卵巣機能が低下し、いままで定期的にあった生理が徐々に周期が乱れ、やがて生理がなくなることを言います。この閉経(骨粗しょう症になりやすいといわれていますね)は、女性であれば誰にでも起こることで、一般的には45歳〜55歳までの間に、ほとんどの女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)が閉経(いざそうなると複雑な気分になってしまう女性も多いのだとか)を迎えるになるでしょう。しかし、中には、20代や30代で何かしらの原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)で生理がなくなり、早くして閉経(いざそうなると複雑な気分になってしまう女性も多いのだとか)を迎えてしまう人もいます。このような状態を早発閉経と言うのです。早発閉経(いざそうなると複雑な気分になってしまう女性も多いのだとか)になると、生理がなくなるので内膜も厚くならず、排卵も起こらないので、妊娠や出産(哺乳類が子宮から胎児を出すことをいいます)という生殖機能が衰えてしまうのです。早発閉経の症状は、通常の閉経と似た症状があり、動機や息切れ、性欲減退、疲労や情緒不安定などがあります。そして、早発閉経が起こる要因としてはあげられるのは、自己免疫疾患、性染色体異常、遺伝子的要因、多量の放射線治療、抗がん剤による治療、卵巣切除などですね。この早発閉経になると、自然にまた排卵が起こったり生理が来たりするということは難しくなるので、医療機関への早期受診が重要になります。また、早発閉経(骨粗しょう症になりやすいといわれていますね)の治療法としては、卵巣機能自体を回復させる治療は難しく、ホルモン療法によっても早発閉経(遅いほどいいというわけでもないそうです)の症状を抑えることが今のところ最善の治療法です。それに、病院での治療の他に、生理が正しくくるようにするための日常生活の工夫として、規則正しい生活リズムを作ることも重要です。さらに、ほどほどの運動、ストレスの解消、女性ホルモンの分泌によいとされる豆類を多く取り入れたバランスのとれた食事などを心がけましょうー